POSレジがネイルサロンで多用されている理由を解説

POSレジとはPoint Of Saleすなわち販売時点情報を管理する機能を備えたレジのことです。現代では多くのレジが単なるお金の出し入れ以上の機能を持つようになって来ています。ネイルサロンの場合、POSレジを一つ導入するだけでPOSシステムを構築できる手軽さがあります。複数の店舗を展開している場合も、クラウド型のPOSシステムを導入すれば全店一括管理がリアルタイムで可能になります。顧客の情報やサービス内容の記録、在庫管理から売り上げ集計・分析、勤怠管理や予約管理までこなします。面倒な業務を自動化や簡略化できるので、最も大切な顧客への施術に全精力を注ぐ余裕が生まれるのです。最近注目されているクラウド型POSシステムであれば予約の自動化も図れるため、営業時間外にも予約受付が出来、ダブルブッキングを防いだり電話に出られないことでチャンスを逃すことも無くなります。

ネイルサロンで失客してしまう理由とは

ネイルサロンのお客様のサロンに対する不満の多くが、待遇の悪さに集約されています。自分のことをよく理解していない、何度も通っているのに名前を憶えていない、前回のサービスを覚えていない、などです。また、お店が気に入ってリピートしようとしても、予約したい時間が埋まっている、予約の電話になかなか出ない、営業時間にしか予約を入れられない、などの理由で他の店舗に変えてしまうケースが考えられます。このように一度来てくれた顧客を失ってしまう失客という現象は繁盛しているお店でも良く見られることですが、リピーターを増やすことがビジネス拡大には絶対に不可欠です。その為には一度来てくれた顧客に充分満足してもらう事が大事であり、ひとりひとりを大切にする地道な努力が求められるのです。

POSレジが多用されるワケとは

ネイルサロンで導入されているPOSレジの中には、顧客から電話がかかってくると、この人のデータが瞬時に表示されるタイプのものがあります。電話対応しながら、以前の記録が見られるのでニーズにあった提案をすることが出来るようになります。顧客のニーズを把握することで、魅力的な提案も出来るようになります。効果があるのかハッキリ分かりにくい販促の結果も、データをPOSシステムで記録し蓄積していくことで分析が可能になり、より効果的な販促に絞って活動できるためコストの削減に繋げることが出来ます。クラウド型のPOSシステムであれば、時間外に予約を入れることも可能になるためビジネスチャンスを逃しません。忙しいお客様にとっても便利なシステムを提供することになるでしょう。